朝倉市でアルカリ性の温泉の種類

朝倉市でアルカリ性の温泉の種類

朝倉市でアルカリ性の温泉の種類 朝倉市の温泉の種類には、単純硫黄泉以外にあるかり単純温泉と弱アルカリ性があります。
この単純泉は、成分が単純なのではなくて含まれている成分の量が一定量に達してないものです。
体に優しく成分は薄めなので刺激が少なく高齢者に向いてます。
温度の規定だけ定義に当てはまります。
刺激が少ないので症状別に朝倉市で色々な泉質を選ぶときには、最初に入った方が良く、急に成分が濃い刺激が多い泉質だと体調を崩すこともあります。
単純泉は含まれている成分が微量なので即効性は期待出来ませんが。
石鹸の効きがよくて柔らかく気持ちがいいです。
刺激も少ないため脳卒中のリハビリなどに利用されていて、中風の湯や神経痛の湯とも言われます。
アルカリ性単純泉だとpH値が8.5以上、弱だと7.5以上となります。
弱の場合は肌の角質をとる美肌効果があり、日本では二番目に多い泉質でしたが、掘削技術の進んだ現在は一番多くなっていて全体の40%も占めるとされてます。
家族の湯や美肌の湯としても有名です。

朝倉市原鶴温泉ダブル美肌の湯の入浴効果とは

朝倉市原鶴温泉ダブル美肌の湯の入浴効果とは 朝倉市と言えば原鶴温泉が有名で、入浴したいと思っている方は多いです。
原鶴温泉はどのような泉質で入浴効果があるのでしょうか。
2種類の泉質を併せ持つ源泉があるため、ダブル美肌の湯として脚光を浴びることとなっています。
お肌つるつるすべすべになると噂の名湯です。
また皮脂を取り除き紫外線を予防する効能があります。

泉質は、弱アルカリ性単純泉と単純イオン泉の2種類となります。
朝倉市原鶴自慢の泉質となり、開湯の起源は135年以上前だと言われている由緒ある源泉の深みをもっているのです。
保温効果のある重曹成分が含まれており、きれいになった肌をしっとりしたまま保つことができます。
硫黄成分が、古くなった角質を落とし余分になった皮脂を取り除いてくれます。
角質層に含まれているメラニンを落とすことから、しみがうすくなったり肌が白くなったような感じがするといわれています。
朝倉市だけではなく県内外の来訪客でにぎわうことで知られているのです。