朝倉市にある温泉を満喫しましょう

朝倉市にある温泉は「美人の湯」「美肌の湯」と呼ばれ、女性であれば誰しもが嬉しい効果・効能を持っています。
九州には沢山のお湯が出る観光地がありますが、それぞれ効能が違い楽しみ方も少しずつ異なってきます。
楽しい旅行で身体を癒すのであれば、泉質をしっかりと把握して自分にどんな良い効果があるのかを知っておくことが大切でしょう。
こちらでは評判の良いホテルや、自信を持っておすすめできるさまざまな情報をご提供いたします。

朝倉市にある温泉の泉質の特徴

朝倉市にある温泉の泉質の特徴 朝倉市の温泉はペーハー8前後の弱アルカリ性の泉質からペーハー8.5以上のアルカリ性単純温泉と、単純硫黄泉の3種類があります。
朝倉市のなかでも珍しいのが原鶴温泉で、アルカリ単純泉と硫黄泉の2つの泉質を持っています。
こちらは「ダブル美肌の湯」とも呼ばれ、古い角質を取り除き肌をツルツルにしてくれます。
そのため入浴後にはシミが薄くなり、肌が白くなったように感じられるはずです。
さらに入浴することで高血圧や動脈硬化・五十肩・運動麻痺などにも効果が見られ、飲用(硫黄泉)すれば糖尿病や痛風・便秘の改善にも役立ちます。
硫黄は太陽光に当たることで肌に薄い膜を作り出し、角質が取れてツルツルになった肌を紫外線から守ってもくれるのです。

朝倉市の温泉でお肌つるつるでしっとりになれる!

朝倉市の温泉でお肌つるつるでしっとりになれる! 全国各地に様々な名湯がありますが、朝倉市といえば原鶴温泉です。
美肌効果のある弱アルカリ泉と単純硫黄泉の2つの泉質をもつお湯です。
弱アルカリ泉というのは、お湯を触ったときにぬるりとした感触がありますが、これが皮膚の余分な角質などをふやけさせて落としやすくする性質を意味します。
石鹸と同じような働きといった感じですが、さらに保湿効果のある重曹も含まれている事で湯上りはしっとりとします。
単純硫黄泉は、余分な油分をとりのぞいて、角質層に含まれるメラニンを落とす効果があります。
メラニンはシミの原因ともなるものですので、それが薄くなっていく事でクリアな状態を目指すことが出来ます。
くすみがないクリアで透明感のあるお肌になるでしょう。
さらに硫黄成分は薄い膜でおおってくれるため、紫外線対策ということでも効果的です。
朝倉市は原鶴温泉で有名ですが、美肌を目指す方にとってもお勧めです。
クリアな状態になるだけではなく、保湿効果もしっかりありますのでお湯から上がったときには、しっとりつるつるの状態になります。
女性からは特に支持されていますし、口コミでも高評価されていることもあり遠方からも訪れている方が増えている傾向がみられます。

朝倉市の温泉まで、福岡市内から車で1時間ほどです

原鶴温泉は福岡県中南部の朝倉市にあります。お湯は単純あるいは硫黄泉で、美肌の湯と言われています。アルカリ性ですから肌の古い角質を落とし、肌の色を明るくする性質があります。
湯量は毎分3000リットルと豊富で、源泉数が34あります。福岡県内で一番の湯量が可能にする源泉かけ流しが魅力です。バックには筑後川が流れており、春から秋にかけては鵜飼漁を鑑賞することが可能です。
また屋形船も航行しているから入浴の前後に、川の景色を楽しむことができます。そして旅館を中心とする温泉街が楽しめ、湯めぐり帳を使った湯巡りが可能です。
福岡市内から朝倉市へのアクセスは、車で1時間ほどです。九州縦貫自動車道と九州横断自動車道、大分自動車道などを通るルートがいいでしょう。国道386号中心の下道ルートでも1時間20分ほどで着きます。
公共交通機関を使うと1時間半ほどになります。西鉄天神大牟田線で朝倉街道駅まで行き、そこからバスです。距離で考えると鉄道よりもバスのほうが長くなります。

朝倉市にある自然を楽しむことができる温泉

朝倉市にある朝倉温泉と言う場所を知っていますか。最近では、人気の観光スポットとなっている場所ですが、知らないと言う方はいらっしゃるのではないでしょうか。
この場所ではお風呂にゆっくりと浸かることで楽しむことができるスポットとして知られていますが、近年では自然を感じることを楽しみにしている方はいらっしゃり、とても人気な過ごし方となっています。
しかし、この場所についてあまり良く知らない方や名前すら聞いたことのない方はどのように過ごすことが人気なのか分からないため、これから朝倉市にあるこの場所で自然を楽しむことができる人気の過ごし方について説明していきます。
この場所は温泉でのお風呂でゆっくりとお湯に浸かることも良いですが、緑を感じながら周辺を散歩したり、休憩することが人気です。緑を感じることができれば、日々の生活のストレスや疲れが取れることは間違えないでしょう。
このようにこの場所では緑を感じながら過ごすことができる訳です。

福岡県朝倉市にある原鶴温泉で得られる効果とは

福岡県と大分県の県境に位置する福岡県朝倉市にあるのが「原鶴温泉(はらづるおんせん)」です。風光明媚なロケーションで、ゆったりと入浴を楽しめる隠れた名所としても有名となっています。
トロトロした肌触りが特徴的な弱アルカリ性単純泉と、単純硫黄泉を楽しむことが出来ます。アルカリ性温泉は肌の古い角質を落としてくれ、また硫黄成分は角質層に含まれるメラニンも落とすとされています。これらは、美肌効果がありお肌を色白にしてくれると言われW美肌の湯と呼ばれている最高の泉質が魅力です。
トロトロした美容液のような肌触りのお湯でほっこり温まりながら、美肌をゲットできるのが嬉しいポイントです。神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労、婦人病、冷え性、皮膚病、糖尿病、痔疾などにも効果があると言われています。
朝倉市は、四季折々の自然が楽しめ古くから“福岡の奥座敷”として親しまれており、家族や友人、恋人同士でゆったりと楽しむことが出来ます。

福岡県の朝倉市で温泉地といえばココがおすすめ!

福岡県内で手頃な温泉地を探しているならば、朝倉市の原鶴温泉に注目です。ここは大分との県境、筑後川沿いの歴史ある観光地。
弱アルカリ性単純泉と単純硫黄泉という2つの泉質を特徴としており、美肌の湯として知られます。このエリアには数多くの旅館やホテルあるいは民宿が立ち並んでおり、ゆったりと湯船で体を癒やしたり、朝倉市の特産物をふんだんに使用した、質の高い美味しい料理をたっぷり味わうことができます。周辺には見ごたえのある観光スポットも豊富です。例えば筑後川の鵜飼もその1つ。毎年5月から10月になると鵜飼が始まり、屋形船に乗って珍しい伝統的な漁を鑑賞することができます。
また自然のスポットとしては、観光農園でブドウや柿といったフルーツ狩りも楽しめます。さらに歴史スポットならば、大和朝廷とも深い関係があったとされる惠蘇八幡宮、あるいは戦国時代の軍師で有名な黒田如水を弔った円清寺など、魅力的な見どころが満載です。

温泉の参考サイト

朝倉にある温泉施設